企業の取り組みとは


最近では季節を問わず様々な野菜がスーパーなどに並んでいます。これは今の流通システムが大きくかかわっています。様々な地域で栽培された野菜が新鮮な状態で全国に運ばれ、消費者のもとへと届けられるシステムが構築されているからこそ、消費者はいつでも好きな野菜を購入することができます。

また、ビニールハウスなど温度管理がされた環境で農産物を生産することで、以前では暖かい季節しか生産できなかった野菜でも冬に収穫することができます。しかし、これらを可能にするためには、流通システムを構築したり、24時間の温度管理、安全な農産物を作るためには農薬の散布回数などもしっかりと管理する必要があります。企業が取り組む農業ソリューションでは、市場の調査や流通システムの構築、遠隔でハウス内の温度や湿度の管理、灌水や炭酸ガスの濃度などの制御も行います。もし、温度管理などで異常が発生すればメールなどで生産者に知らせます。

この管理を企業がしてくれることで、農家の負担も大きく軽減させることができ、安全で環境にも優しい農業が実現できます。また、企業では市況情報なども調べ、生産者に提供することで、どのような生産が求められているかを農家の人もいち早く把握することができます。このように、農家から様々な情報を企業が受け取り、それを分析や解析、予測して農家に提供することで、効率よく、安定して農産物ができる環境が可能となります。