企業の農業ソリューション


数十年後には食糧需要が今の2倍にもなると言われ、農業でも安定した生産が求められています。しかし、日本ではこの農業に従事する農家の高齢化が懸念されていますし、農産物はただ苗を植えれば効率よく生産できるというものでもありません。冷夏ともなれば農作物には大きな影響を与え、収穫量も大きく減少します。また、日本の温暖多雨の気候によって、雑草や害虫、病原体の管理も難しいとされています。日本と比べ降水量が少なく気温が低いEU諸国であれば、比較的雑草や害虫、病原体の活動が弱く、無農薬での栽培もしやすいです。しかし、温暖多雨の環境では、雑草や害虫などの活動も強く、どうしても農薬に頼らざる得ないケースも発生します。

安全な農産物を提供するためには、この農薬も減らす必要があります。また、農作物では温室効果ガスの排出量も問題視されています。温室効果ガスの排出量は発電が25%と大きな割合を示しているのですが、工業では21%、農林業では24%も占めています。このように、農業では様々な問題を抱えているのが現状です。

これらの問題を生産者である農家だけで解決するのは難しいです。そこで、企業による分析や解析、予測によってこの問題を解消しようというのが企業が取り組む農業ソリューションです。企業が提供する情報によって、今の農業よりもさらに生産しやすく、環境問題も解消できる取り組みがされています。ここでは、企業が取り組んでいる農業ソリューションについて紹介します。